生え際に使えるのか

PAK86_mimiwokatamukeru20131223-thumb-1000xauto-17230

M字はげ育毛剤は生え際に使えるのでしょうか?
効果の出やすい部位・出にくい部位について

また、既存のロゲイン・リアップは生え際に対してどうなのかといったことをまとめます。

生え際は頭頂部よりも難しい?

生え際へ育毛剤を使っていくのは、頭頂部よりも難しい、という説があります。
M字はげにとっては厳しい説ですね。

この説の信憑性を考えるにあたって、薄毛の原因となる男性ホルモンについて軽くおさらいしましょう。

薄毛の原因:男性ホルモンについておさらい

男性はどうして禿げてしまうのかというと、男性ホルモンに原因があります。

一般的にm字はげの原因は、ストレスや食生活、生活習慣、間違ったヘアケア、様々な原因が上げられていますが、
一番の原因として言われているのが「テストステロン」、男性ホルモンの影響です。

成長期にはこのテストステロンは髪の毛を太く丈夫に育てることに寄与しているのですが、中年期を過ぎてくると、逆に髪の毛を禿げさせる原因となってしまいます。

5αーリダクターゼという酵素がテストステロンに働きかけて、ジヒドロテストステロンというホルモンに変化させます。
このジヒドロテストステロンには、薄毛や性欲減退の作用があります。
薄毛については、髪の毛の成長を阻害する働きを持っていると言われています。
そのため同じ男性ホルモンでもこのジヒドロテストステロンは悪玉ホルモンと呼ばれます。

悪玉ホルモンの働きで髪の毛の成長が阻害されることで、3-5年の寿命を終えた髪の毛の後に、新しい髪の毛がなかなか生えてこないし、伸びてこない、結果として禿げてしまうのがそのメカニズムです。

M字が難しい理由

生え際が頭頂部よりも難しいか否かは諸般意見の分かれるところですが、おでこや生え際といったいわゆるm字部分は、つむじ・頭頂部よりも男性ホルモンの影響をうけやすく、血行不良にも陥りやすいため、生え際の方がはげやすい = 難しいという意見が一般的です。

人はどうしてm字に禿げてしまうのか。
人にはそれぞれ千差万別の禿げ方がありますが、その禿げの形は遺伝が大きく関係しています。

余計な仕事をしやがってとしかコメントのしようのない5αーリダクターゼですが、これは頭部においては前頭部から頭頂部にかけてのみ存在しています。
そこにホルモンの働きという、生活の見直しではなかなか改善を望めない要素が関与していることが難しいと言われる所以だと思います。

リアップやロゲインは生え際に効果がない?

リアップやロゲインの有効成分はミノキシジルです。

ミノキシジルは本来は血管拡張剤として開発された成分で、後に発毛効果があるとされ、一般用医薬品としてリアップの名前で大正製薬から発売されました。
日本以外ではロゲインという名前で販売されています。

ミノキシジルの発毛に対する効果は実ははっきりとは解明されておらず、高血圧の経口治療薬として用いられてきて、後に髪を育成し脱毛を回復させる効果が発見されました。

究極的に言えば髪の毛を育てるのは血液から供給される蛋白質なので、ミノキシジルの血管を拡張させる働きが何らかの効果をもたらしている可能性が考えられます。
しかし、そのメカニズムは今なおはっきりと解明されてはいません。

リアップやロゲインが生え際にあまり強くないという意見が多い理由のひとつに、生え際の血行の悪さがあります。
リアップやロゲイン程度のミノキシジルの濃度では、もともと血行の悪くなりがちな生え際にはなかなか変化させにくいというのです。

そこで必要になるのが、プロペシア・フィナステリドのようにDHTを抑える方向からの薄毛対策です。

ミノキシジル以外の選択肢

そんなリアップやロゲインでは思うような効果が得られない場合に、試してみる価値があるのではないかと考えられているのがM-034育毛剤

M-034は海藻から抽出した天然成分のエキス、ミツイシコンブエキスを配合しています。
このM-034はミノキシジルと似た働きをし、結果が出るまでの平均的な期間もミノキシジル育毛剤とほぼおなじという統計がでています。

また、M-034育毛剤のプランテルは独自のA-DHTホルモン理論でフィナステリド・プロペシアと同じようにDHTを抑える工夫がされています。

リアップ等のミノキシジル育毛剤では5α-リダクターゼを抑制する効果がありませんでしたが、A-DHTホルモン理論を統合したことで、5α-リダクターゼ、悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロン抑制の方面からも対策できます。

この独自のA-DHTホルモン理論でDHTを抑える部分に自信があるので、プランテルはM字専用として売り出されています。

ジヒドロテストステロンの効果で薄毛になっている場合、テストステロンがジヒドロテストステロンに変化することを阻害してくれるので、M字禿げのようないわゆる男性ホルモンの影響が大きい禿げの場合、より効果的にその育毛を促してくれる可能性があります。

まとめ
生え際や前頭部というM字はげになってしまう部分はてっぺん・頭頂部よりも悪玉男性ホルモンの影響を受けやすいし、血行もわるくなりがち。だからM字は難しいと言われるんですね。
しかし、リアップやロゲインでM字が難しかった方も、M字専用の育毛剤を試してみることで道が開ける可能性はあります。
プランテル
M字専用の育毛剤
  • M字はげ専用の育毛剤
  • 全額返金保障あり
  • 1本あたり50日使える
  • ヒオウギエキス配合
    公式サイト
    http://www.yupiesu.com/plantel/lp02/

    コメントは受け付けていません。