生え際の赤いブツブツがM字ハゲの原因になる?

薄毛に悩む方の多くは、抜け毛が増加してしまうことで、その状態がどんどん進行していきます。

抜け毛が増えて行く原因はいくつも考えられるため、できるだけ原因と考えられるものを改善していくことが大切です。

生え際の赤いブツブツが原因になる!?

頭皮環境がよくない状態でも、抜け毛増加や薄毛の原因になるといわれています。

M字はげなどの場合には、生え際に赤いブツブツができてしまっている方もなかにはいるでしょう。
そのような状態は、頭皮が荒れている状態を意味します。

そのため、頭皮の状態が乾燥している、または、皮脂の分泌量が増加しすぎてしまい、頭皮環境が悪化している、また、洗髪がしっかりとできていないため、汚れなどがしっかりと落とせていたいため、雑菌などが繁殖している場合なども考えられます。

そのような頭皮環境では、抜け毛が増えてしまうことの原因の一端を担ってしまうことにもなりかねません。

頭皮環境はできるだけ清潔を保ち、地肌の乾燥や皮脂などで頭皮の毛穴を詰まらせないように、適度な洗髪を心がけるといいでしょう。

洗い過ぎがNG!?

洗髪時には、あまり過度に洗い過ぎないことも大切です。

洗いすぎてしまうと、皮脂を落としすぎてしまい、地肌を保護することができず、外部からの刺激に弱くなり、また、頭皮の水分が蒸発しやすくなってしまいます。

その他にも、体内では皮脂の分泌が足りないと感じてしまい、さらに皮脂を過剰に分泌するように作用してしまうと、皮脂の分泌バランスが崩れてしまうこともあるでしょう。

そのようなことにならないためにも、洗髪時には洗いすぎに注意しましょう。

年齢とともにシャンプーを変える

また、赤いブツブツができる場合には、洗髪時に使うシャンプーなどが肌にあわないことで肌荒れとなっている可能性もあります。

いつも使っているシャンプーで、いままで肌荒れなんてしなかったのにと思う方もいるでしょう。

ですが、加齢に伴い肌の状態も変化します。

肌の状態が弱くなると、シャンプーなどでも肌にあわなくなり、肌荒れの原因になることもあります。

地肌に異常が出ている場合には、低刺激なタイプのシャンプーに買い替えをしてみるのも対策の一つになるでしょう。

コメントは受け付けていません。