M字ハゲは運動で対策できる!?その理由と効果

shiosio_kasdfjk-thumb-1000xauto-19195
運動とM字ハゲの関係でポイントとなるのは2つ。

1つは、生活改善の一環として、適度な運動が育毛剤の効果を促進してくれるというもの。
もう一つは、運動による発汗で汗がDHTを排出してくれることによる効果です。

育毛剤は進化したが、生活改善も必要

薄毛になる原因として多いのは遺伝や加齢などで、いずれも遺伝子レベルの話になってくるため、少し生活習慣を変えたくらいでは薄毛の進行を止めるのは難しく、特にM字ハゲと呼ばれM字ハゲの薄毛についてはより治療が難しいという特徴があります。

しかし、世界中で薄毛に悩んでいる人は多いことから世界各地で日夜新しい育毛剤の研究や開発、販売が行われており、それに伴って以前は症状の進行を抑制することくらいしかできなかったM字ハゲに対する確かな効果が期待できる育毛剤も販売されるようになりました。

また、育毛剤の効果を最大限に発揮するためにも生活習慣を改善することは必要であると言われていますが、生活習慣の中でも特に食生活や運動習慣、睡眠リズムなどは改善しなければならない点でせっかく効果があると言われている育毛剤を使用しても 生活リズムが悪いと症状の改善は期待されません。

運動による効果

ちなみに適度な運動は育毛剤の効果を促進すると言われており、これは運動をすることで血液の流れが良くなるためで、頭髪の生成に必要な血液に含まれる栄養分や育毛剤成分が効率的に頭髪へ流れることによって育毛を促すというものです。

ただし、運動をして汗をかいた場合は頭髪に付着した汗を拭き取ることが大切で、特に帽子などを着用して運動する場合は帽子内部に汗がたまり雑菌などが繁殖してしまい、それが髪の毛を痛める原因になります。

また、運動をする場合はハードな運動ではなくソフトな運動から始めて体に負担をかけないことも大切です。

コメントは受け付けていません。