遺伝によるM字ハゲは予防できない!?母方と父方どちらなのか

fa00877e1a7a6a0da23ea65f6c2aafe7_s
中年男性になると老化現象や生活習慣の乱れから体にさまざまな変調が見られるようになりますが、その中でも薄毛の症状は男性の深い悩みの一つであり、特にM字ハゲといったAGAが起因して現れる薄毛の症状は気持ちのショックや人の目が気になるなどの理由からこれまでの生活を大きく変えてしまう場合があります。

M字ハゲは加齢によって進行するのは仕方ない部分もありますが、昔に比べると育毛剤の種類はかなり数が増えていることに加えて、他にも育毛サプリや育毛シャンプーなどM字ハゲを回復させるためのアイテムは充実してきているので初期に迅速な対応をすることで薄毛の進行を抑制することができます。

ちなみにM字ハゲは遺伝の要素も大きいと言われていますが、人間の体は頭髪に限った話ではなく先祖の遺伝子を引き継いで構成されているわけで、顔や性格、体格などが親と似るのも遺伝子が関係しており、頭髪の状態というのも自然と先祖と似ることになります。

祖先・先祖と似る、親と似るといっても、特にM字ハゲが遺伝するのは隔世遺伝、それも母親の家系、母方の祖父からの遺伝が多いと考えられています。男性は遺伝的に母親に似やすい特性があり、母親は女性だから男性ホルモンが要因の薄毛はなく、その世代を飛び越えて自分に遺伝するからです。

ただし、親が円形脱毛症や事故などによって薄毛の症状になっている場合は子供が生まれた後に外的要因でなることが多いので、これらの薄毛の症状について遺伝はあまりしないと言われていますが、M字ハゲについては男性ホルモンの分泌など内的要因が主となって起こるので遺伝しやすいと言われています。

遺伝する男性ホルモンの特性
男性ホルモンの要因のため遺伝しやすいと言われるM時ハゲ。この男性ホルモンとは、男性ホルモンの濃さのことではないと考えられています。男性ホルモン(テストステロン)自体は髪を太く長く育てる働きがあるからです。問題となっているのは、テストステロンを悪玉男性ホルモン(DHT)に変えてしまう酵素:5αリダクターゼの存在です。5αリダクターゼの多い体質が遺伝してしまうと、男性ホルモンがDHTに変化してしまうので、M字ハゲの原因となってしまいます。

遺伝による薄毛は育毛剤を使用してもなかなか効果が得られないというデメリットがありますが、きちんと対応することによって薄毛の進行を抑制することは可能です。

遺伝による薄毛に対応した薬はこれまでもプロペシア・ミノキシジルなどがAGA治療では処方されてきました。
特にプロペシアはDHTを抑制する働きがあるので、遺伝による男性ホルモンが原因の薄毛に効果を発揮してきました。

ヘンリー王子の遺伝
最近ご自身の薄毛を認めたヘンリー王子ですが、専門家からは遺伝による薄毛と考えられています。
そんなヘンリー王子の薄毛対策が「アスパラガス」との噂があります。
アスパラガスは髪のアルカリ性食品で成長を促進させると栄養士ににも効用を認められていますが、最も手早い解決法=プロペシアではないというのは、やはり副作用への懸念があるのでしょうか。

コメントは受け付けていません。