M字ハゲが見られる年齢は20代それとも30代だとヤバい?

YOTA93_minogasanai15133536-thumb-1000xauto-14184
M字ハゲが気になり始めた時、周りの同年代男性を見るとハゲてない人が多いように感じることがあります。

一般的にM字はげが現れはじめる年齢は20代・30代どちらが多いのでしょうか?
また、他人よりも早く M字はげになってしまった場合にはどうしたら良いのでしょうか?

一般的にM字ハゲは中年以降に見られる症状

M字ハゲはいわゆる男性型薄毛で示す特徴的な薄毛パターンで、一度でも発症してしまうと円形脱毛症と違って自然に症状が治ることはほとんどなく、どんどんM字ハゲから真のハゲに移行してしまう場合がほとんどです。

一般的にAGAは男性ホルモンの性質が変わる中年以降に見られる症状として知られていますが、特に多いのは30代後半から40代で、この頃は白髪が生えてくる時期とも重なるのでダブルの頭髪トラブルに見舞われてしまうことになります。

男性ホルモンの性質が変わる
男性ホルモン=テストステロン自体は薄毛の原因にはなりません。むしろ髪を太く・長くする性質があります。この男性ホルモンが酵素:5αリダクターゼと反応して悪玉男性ホルモン=DHTに変化すると、DHTには髪を細く・短くする性質があるため、薄毛が進行してしまいます。

年齢別に商品化

いろいろある薄毛の中でもM字ハゲに見られるようなAGA(DHTが原因の男性型脱毛症)による薄毛の症状が多いことから育毛剤や育毛シャンプー、サプリなどはAGAを意識して作られているものが多くなっており、商品によっては年齢別で商品化しているようなものもあります。

AGAを意識した育毛剤・シャンプー・サプリ
市販・通販のAGAを意識した製品とは、AGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン=悪玉男性ホルモン)を抑制する成分(ノコギリヤシ・オウゴンエキスなど)が配合されたもの、そして、AGAに効くと実証されているミノキシジルと同じように働く天然成分(M-034など)を配合したものが主流です。

最近は若年層でもM字ハゲが増えている

また、最近は若年層でも M字ハゲが増えていると言われていますが、これは生活習慣や食生活などが起因して見られるケースが多くなっており、特に近年は高度化する社会の中でストレスが溜まりやすい環境にあると言われており、これが起因して若年層のAGAを促進してしまっているとも言われています。

AGAの原因に生活習慣は関係ない?
AGAの原因の99%は遺伝と言い切る専門家もいます。若年層のAGAの原因が生活習慣というのは、遺伝由来のAGAだけではなく、毛穴が詰まって細くなる脂漏性脱毛症が原因のAGAのも含んでいるためです。

中年だと心情的にも落ち着いているのでM字ハゲになっても適切な対応や気持ちの整理ができると思いますが、若年層だと周囲に少ないことに加えて人目が気になる年頃でもあるため、薄毛の進行は日常生活に深い影を落としてしまう可能性もあります。

そうならないためにも薄毛の症状が見られる場合は主原因を特定し、適切な対応をすることが大切なポイントになります。

若年層のAGA治療は慎重に

AGAを育毛剤ではなく薬で治療する場合、気をつけたいのが副作用です。

AGA治療で使われるプロペシアはたしかにDHT抑制の面では強い効果がありますが、効果が強い反面、副作用も強いのです。
特に若年層につらい副作用は、生殖器関連の症状です。
ストレートに言うと勃起不全のような副作用です。

もし薬でのAGA治療を考えているとしても、その前にいくつかのM字に強い育毛剤を試しても損はありません。
なぜなら、育毛剤には返金保証があるからです。

効かないことを見極めてからでもお金は返ってきますし、もし実感できたなら、副作用なく対策を続けられるからです。

M字に強い育毛剤について

コメントは受け付けていません。