M字ハゲはAGAが原因

いろいろある薄毛のパターンの中でも特に特徴的な症状として知られているのがM字ハゲで、名前の通り 髪の毛が薄くなることによって髪型がM字のように見えるタイプの薄毛の症状(M字脱毛・前頭部の脱毛)ですが、男性ホルモンが起因して起こるAGAによって見られる症状としても知られています。

男性ホルモンには通常の男性ホルモン(テストステロン)と悪玉男性ホルモン(ジヒドロテストステロン:DHT)の2種類があり、AGAの原因になるのは悪玉男性ホルモンであるDHTのほうです。

M字ハゲの症状が見られるようになるとなんらかの対策をしないと薄毛は進行してしまう場合がほとんどですが、こうした薄毛の症状は日本人のみならず外国人にも多く見られることからAGA対策の育毛剤は多く販売されており、実際に使用して薄毛を治療している人はたくさんいます。

海外のAGA対策育毛剤で有名なのはロゲイン・カークランドです。どちらもミノキシジル配合の育毛剤ですが、特にロゲインはその製造法を譲り受けてリアップができたのは有名な話です。つまり、ロゲインの日本版がリアップだと言えます。ただし、ミノキシジルはDHTを抑えるものではなく、毛包・血流の活性化で薄毛対策するものです。

M字ハゲが女性にあまり見られないのは男性ホルモンの分泌割合が男性と比べて圧倒的に少ないのと、髪の毛を生成するために寄与する女性ホルモンの働きが活発なためで、基本的にAGA対策というのは女性ではなく男性が対策する薄毛のことを言います。

AGAの症状による薄毛は遺伝的要素や加齢なども原因として深く関わっていますが、それだけでなく日頃の不摂生やストレスが理由となって発症することもあり、高校生・20代などの若年層で増えているのも遺伝的要素や加齢ではなく生活習慣、頭皮の脂なども主原因になっていると言われています。
(遺伝しないということではありません)

いずれにしても薄毛が進行し始めた場合は早めの対策をおすすめしますが、頭がかゆいなどの薄毛に関連する症状には、単に育毛剤を使用するだけでなく食生活の改善や生活習慣の見直し、シャンプーの改善やマッサージなどをすることでも症状の緩和が図れるケースがあります。

前兆だけでなく、すでに進行している場合は、爆笑問題のCMで「お医者さんに相談だ」のキャッチコピーが話題になったAGA専門のクリニック外来・治療院・病院が新潟・茨城・横浜・東京・新橋・川越・大阪・仙台など各地にあるので、診断チェックと薬(プロペシア)による治療をうける方法もあります。

また、AGA対策をする場合はきちんと自分の頭髪に何が起きているのか、はげる理由はなんなのか、ということを把握する必要もあります。

コメントは受け付けていません。