エムジハゲ(M字はげ)の改善育毛剤はどれがいい?細かく解説します

M字ハゲの改善育毛剤、生え際の薄毛を改善する育毛剤というのは、次々と新商品が出てきますから、どれを選んだらよいのかイマイチわかりにくい面があるかと思います。

こういう時に大事なのはスペック比較よりも、後悔せずに選ぶ方針を立てることです。

具体的には

  • 定番を選ぶ
  • 一番新しいものを選ぶ

という方針で選ぶと、間違いがありません。

これは育毛剤に限らず言えることですけどね。

例えば自分の趣味の領域で考えてみてください。
選び方に迷っている人に間違いないと言えるのは、ド定番か新商品のどちらかではないでしょうか?

例えば、スマホならド定番のiPhoneか、最新のAndroid端末なら間違いないですよね。

さて、これをM字ハゲの改善育毛剤にあてはめるとどうなるか、考えてみます。

ド定番

これはM字専用育毛剤のプランテルでしょうね。
M字専用と謳っているのはいまのところプランテルだけなので、わかりやすいです。

なにをもってM字専用と言えるのか、わからない解説しているサイトもありますが、わかりますよ?
プランテルの考えかたはシンプルです。

M字 = 悪玉男性ホルモンが最恐の原因

という考え方です。
この悪玉男性ホルモン=DHTを抑えることに注力した作り方をしているからM字専用と謳っているわけです。
それが、独自のA-DHTホルモン理論ですね。

ちなみに、育毛剤で独自の理論・作り方をしているものは、案外珍しいです。
中にはある1つの育毛剤の名前を変えただけ・・・っていうのもありますからね。
OEM生産というやつです。

チャップアップ・ブブカ・イクオスなどは、いまは成分がそれぞれ違いますが、スタート地点は全部同じ、「ソヴール08」という育毛剤のOEM生産がベースになっています。

だから効かない、とは言いませんが、スタートからしてM字専用に独自設計されたプランテルがどれほど特殊かというのがわかると思います。

→プランテルのレビューはこちら

最新の育毛剤

これはキャピキシル配合の育毛剤でしょうね。
育毛化粧品という新ジャンルで、化粧品の規制緩和に目をつけて新しい成分を配合しているのがこのジャンルの育毛剤です。

そのキャピキシルはAGA治療にも使われるミノキシジルの3倍とも言われているのですから、期待も集まります。

まぁ、ミノキシジルはM字というよりは頭頂部のイメージですが、キャピキシルはDHT抑制も相当なパワーを持っているみたいなので、その実力は期待したいところです。
まだ新しい成分なので、そこまで実績がない、未知数とも言えますが、スペック上は最強と言えるのではないでしょうか?

ちなみに、そんな新成分キャピキシルを最大濃度配合していると謳っているのがフィンジアです。

→フィンジアの詳細はこちら

オススメは以上の2つの育毛剤ですが、そもそも育毛剤とサプリメントのどちらがいいか迷っている人もいるかとおもいます。
管理人としての回答はあくまでも育毛剤です。

なぜかというと、現状育毛ザプリは育毛剤のオマケとして付属してくる存在というイメージが強いです。
例えば・・・

などなど。

それでいて、逆のパターン(サプリに育毛剤がついてくる)は無いですからね。

メーカーとしてもあくまで育毛剤ありき、それを補助するのがサプリという位置付けなのでしょう。

おすすめのM字はげ育毛剤はこちら!

コメントは受け付けていません。