M字ハゲとストレスの関係

M字ハゲの原因としてよく取り上げられるのが「ストレス」です。
薄毛の人を見るにつけ「苦労されてるな」という印象を受けるのもこのストレスの印象が強いからでは?

そんなストレスとM字ハゲの因果関係ですが、これはやはりあると言えます。
しかし、ストレスを解消したらM字ハゲが治るという単純なものではないので注意が必要です。

現代社会はストレス社会

現代社会はストレス社会と言われることもあり、高度な社会に加えて高いコミュニケーション能力が求められ、一度何かのミスを起こしてしまうとインターネットというツールによって日本中に拡散されてしまうなど様々なリスクを背負って日々を過ごしている現代人がたくさんいます。

ストレスはタバコと同じく百害あって一利無しと言われるように、体にとってはデメリット要素ばかりとなってしまいますが、ストレスが溜まると病気の起因材料になるだけでなく薄毛の進行を進めてしまう場合があります。

AGAとストレスの関係

特に多いのがAGAと呼ばれるM字ハゲが特徴的な薄毛の種類で、これは中年男性に多く見られる症状として知られていますが、一般的には遺伝や老化が起因して起こる症状だと言われているものの、ストレスやその他の生活習慣が深く関わっているケースも多いと言われています。

M字ハゲ=AGAの原因
AGAの原因は99%が遺伝だと主張する専門家もいます。遺伝というのは、悪玉男性ホルモン=DHTの影響を受けやすい体質の遺伝です。つまり、遺伝といっても直接の原因はDHTなのです。

ストレスを溜めないことが健康のためにも重要なことですが、ストレスを発散させるためにも日々に喜びや息抜きの場を作ることが大切で、ストレスが緩和されることによってM字ハゲが劇的に改善されるまではないにしても使用している育毛剤の効果を助長するなどのメリットが期待されます。

M字ハゲを改善するには
M字ハゲを改善するにはAGAを意識した育毛剤製品が必要です。AGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン=悪玉男性ホルモン)を抑制する成分(ノコギリヤシ・オウゴンエキスなど)が配合されたもの、そして、AGAに効くと実証されているミノキシジルと同じように働く天然成分(M-034など)を配合したものが主流です。

ストレス改善で治るハゲもある

M字ハゲだけでなく薄毛には他にもいろいろなパターンがありますが、ストレスとの関わり合いが深いと言われているのが円形脱毛症と呼ばれる硬貨サイズの円形ハゲができる症状で、円形脱毛症の場合はストレスが改善されることによって症状が治ることが多く、M字ハゲよりもストレスとの関わり合いが大きいと言われています。

おすすめのM字はげ育毛剤はこちら!

コメントは受け付けていません。