M字ハゲと食生活の関係

M字ハゲで悩む年代といえば30代から40代ですが、これらの年代だけに限らず20代で見られる場合もあれば50代になって発症するようなケースもあり、人によってM字ハゲが見られるようになるまでの時間には個人差があるのも特徴となっています。

M字ハゲの進行は主に遺伝や老化が主原因となっていて、女性にあまり見られないのは女性ホルモンではなく男性ホルモンが起因して起こる薄毛の症状というのが関連していますが、他にも生活習慣との関わりがあると言われています。

ただし、生活習慣が主原因となって薄毛を進行させるというよりもどちらかというと薄毛の症状が始まっている場合に生活習慣の乱れが薄毛の進行を助長するという方が正しく、本来のスピードよりも薄毛を促してしまいます。

特にM字ハゲは一度症状が見られるようになると一気にハゲの部分が広がる特徴があり、特に食事や睡眠などの生活習慣の乱れによってその傾向は顕著に現れる場合があるので十分に対策を練って対応しなければなりません。

また、食生活は特に関わり合いが深いと言われていますが、髪の毛を生成するのが食事から得た栄養分であるとイメージするとわかりやすく髪の毛の生成を促すための栄養分が摂取できてない場合は新しい髪の毛が育たないため薄毛は進行の一途を辿ってしまうことになります。

食生活でM字が治るか
髪の毛を生成する栄養分を食事から得るといいますが、食事で摂れる食材:牛肉・モモ肉・野菜など、食事で摂れる栄養素:ビタミンC・ビタミンEなど、が不足するというのは現代では考えにくいです。

髪に良いと言われている食材:海苔・納豆などをいくらたくさん摂ってもM字が回復するイメージもありません。

意識的に栄養面でM字・AGAの対策をするなら、DHTを抑える栄養素:亜鉛・ノコギリヤシ・イソフラボンなどを摂取することが必要です。
しかし、食事や青汁から摂取するのは費用の面でも手間的にも現実的ではないため、サプリメントという選択肢が一般的です。

ただ、いっぽうでラーメンやカレー、お酒などの摂取量ばかりが増える・偏るのは基本的にNGです。

さらに食生活が乱れて血液に中性脂肪が増えてくると栄養分を運ぶための血液の流れが悪くなってしまい、せっかく栄養分を摂取しても頭髪や頭皮に供給されない事態になってしまいます。

おすすめのM字はげ育毛剤はこちら!

コメントは受け付けていません。